スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
マレーネ15歳の誕生日♪
マレーネ、2月29日生まれ、無事15歳を迎えました♪
4年に1度しか来ないので、それ以外の年は2月28日と3月1日が
我が家ではマレーネの誕生日となっております♪

1503_01.jpg
マレーネ「ペロリンッ」
なんつって、相変わらずの可愛さ爆発(←飼い主バカ発言)やけど、
先週、マレーネは緊急で病院へ行きました。

11歳で受けた犬ドックで偶然知ったマレーネの心臓肥大、
知った時にはもうかなり肥大していて、事の重大さに戸惑いながらも
マレーネの投薬が始まりました。
ただただ、症状を悪化させないように投薬と散歩の制限と。

1503_03.jpg
↑マレーネは寝る時、枕が必要なタイプです(笑)


それから4年。
投薬してるから、って心臓肥大が治るとか進行しないとか
思っていたワケではない。
先週のある晩、マレーネの様子がおかしい事に気付いた。
体全体で大きく、そして荒く呼吸している。
犬フードは食べるものの、かなりスピードが遅い。
「あ、これはおかしい」 翌朝マレーネを病院へ連れていくと、
マレーネの心音を聞くやいなや、獣医さんが
「うん、これは心臓が弱っていますね。体温も下がってます。強心剤投薬しましょう」と。
ここまでもったマレーネの心臓、そりゃいつまでも同じ状態なワケないわな。
飼い主っていうのは、勝手なもんでエゴの塊なのかもしれへん。
「マレーネ、週末誕生日なのになぁ」とか、その時何となく思ってしまってたし。
「強心剤って紅ちゃんも飲んでたなぁ」とか。
もちろん、強心剤が効く事を心の底から願ってたけど、
もう15歳のマレーネに、どこまで望むものなのか…

1503_04.jpg
↑ほらね、枕してる(笑)


人間の心臓疾患なら、それこそ血管の手術やペースメーカーとか
外科的に治療も望めるやろうけど、犬はそういうのはない。
あるのかもしれないけど、老犬にはかなり無理な話。
薬が効く事に賭けるしかない。
効いても前のような状態に戻るわけじゃない。
心臓疾患は治る、のではなく症状を遅らせるだけ。
これはもう4年前から分かってた事やもんな。
飼い主の気持ちとしては、「いつまでも一緒にいたい」に決まってる。
マレーネもそうやろう。同じやろう。当たり前やわな。
ただ、マレーネが「そろそろ行こうかしらね」と思う日が来たとしたなら
それはマレーネが選んだ日、マレーネが選んだ事、なんやろうと思う。
そういう意味での、いや、あんまり意味の分からん覚悟(笑)はできた。


1503_02.jpg
↑体温の下がっているマレーネに心強い添い寝チーム(笑)
他の犬達がどう思っているかは分からへんし、
「マレーネを温めてくれて、なんていい子達♪」とか、お花畑的な事は思わない(笑)。
ただ単に、マレーネ用の毛布のフカフカの上で寝たいだけやと思うけど、
それでも、こうしていてくれる事は、飼い主的には助かるわ。


1503_05.jpg
よう寝る、ホンマ(笑)
強心剤投薬してから3日ほどが経ち、
見た目にも「効いてきたかも」と思えるほどになりました。
食べるのがしんどかったのか、犬フードを食べにくそうにしてたので
缶詰め混ぜたらすっかり虜になってしまったけど(笑)。
トイレも、行く意志はあるけどずいぶん手前で
「ま、ここでしてもいいでしょう」みたいにしちゃう事も増えたけど(笑)
マレーネが「美味しいわ♪」と思うなら。
マレーネは「ここでするわ♪」と思うなら。
マレーネの「♪」がいっぱい増えるなら、飼い主として全力で守るで!


1503_06.jpg
↑添い寝当番・ダイアナ(笑)
どの犬にも、必ず「その日」は来る。
でも「その日」が来る事を恐れ過ぎるのはイヤ。
「その日」ですら、犬達が安心して過ごせるように飼い主として務めたいと思います。


1503_07.jpg
で、これですよ、ササミでかたどる『15』歳。
マレーネの誕生日を祝いたい、という飼い主のエゴが叶った(笑)。
ありがとうマレーネ。
おめでとうマレーネ。
来年は、16歳。2月29日もあるよ!
一緒に祝おう、来年も!
続きを読む
【2015/03/02 15:15】 | マレーネ | page top↑
ライザミネリ13歳のお祝い♪
ちょっと遅れたし、UP自体も遅いんやけど(笑)、
毎年恒例、ライザミネリの誕生日を大好きなイチゴでお祝いしました♪

1502_01.jpg
ライザミネリ「こ、これはもしやイチゴ…!」
せっかくイチゴで『13』をかたどったのやけど、全くバラバラ(笑)。


1502_02.jpg
ライザミネリ「イチゴやんかいさ!イチゴやんかいさ!」
もはや、テーブルの上厳禁、待て、の躾もぶっ飛んでます(汗)。


1502_03.jpg
ライザミネリ「ちょっともう食べるわ、我慢できひん」
こ、こら、待て、待て、やで!


1502_04.jpg
ライザミネリ「…うん、美味しいわ」
食べたやろ?待て、言うてるのに食べたやろ今?!


1502_05.jpg
ライザミネリ「…」
何隠れてるねん(笑)!



この後、5犬みんなのフードにイチゴトッピングで、ズビズバ言わせながら完食!
ライザミネリ13歳の誕生日も無事みんな元気でイチゴ食べられたね!
この些細な事が、我が家にとっては大きな嬉しい事であり、
来年のライザミネリの誕生日もみんなで元気に、と心から願う事。
私が願う事は5犬みんなも願う事。
まだまだ寒い日が続くけど、もうすぐ、すぐそこまで春は来てると思うんやで。



私は来週の健康診断さえ乗り切ればこっちのもんやわ(笑)。


【2015/02/13 16:22】 | ライザミネリ | page top↑
2015はとっくに始まっている♪
2015、とっくに始まっています。分かっています(笑)。
今年もしれーっと行きますから!
今年は、リタ+ダイアナが年女・未年ですからー(笑)!


で、本日1月23日は、ライザミネリの誕生日♪
13歳になりました!

1501_01.jpg
この画像では分かりにくいけど、口周り・目周りの毛は白くなったわ。
それでもまだまだ歯もしっかりあるし(ダイアナの方が1本抜けたという…笑)、
耳も聞こえてる。たまに気分で無視されるけど(え?)



ライザミネリという名前は、飼う前から決めていました。
映画好き(特に昔の)な母も気に入り、いつもお世話になってる獣医さんも
すぐに覚えてくれました。
一人と一匹、ほのぼの散歩したり、適切な躾をして余裕のある信頼関係を持って、
と、ぽやや~んと理想を描いていました。
ところが、初めて子犬から飼うライザミネリは違った。
(それまでは成犬から引き取ったりした飼い犬ばかりでした)
最初こそ、生後36日そこそこで我が家に来たので、
ずっと寝てて、たまに「ミーミー」鳴くイモ虫状態やったけど、
そんな期間もつかの間、すぐに怪獣、または悪魔に変わった(笑)。
いたずらの全てをやりつくす犬になった。
今となっては笑い話やけど、当時は深刻に悩んだもんです。
こんなに犬を育てるのは大変やったとは…と。
それでも蝶よ花よと育て、厳しくし過ぎたり感情に任せて怒ったりもしたけれど、
気が付けば、ちゃんと私の言う事は心得ている犬になってた。
あんなに酷かった甘噛みも、今ではどんだけ夢中になって遊んでても
決して、私の手に歯が当たる事はない。
あんなに夜鳴きしたり、吠えまくってたのに、
私が「止めなさい」と意志表示すると、すぐに黙る。
これは、私が偉かったわけでもなく、ライザミネリが特別賢いわけでもなく、
すごくありきたりな事。それは、飼い主と犬の信頼関係。
飼い主は穏やかでいる事、犬を心配するよりも安心を与えてあげる事。
ただそれだけの事。

あ、でも留守番中のいたずらについては今も対策とってますよ。
噛みそうなものは置かない、ただそれだけです。
もちろん、留守番中にそういう事をしないように躾ができれば一番やけど(汗)。

イモ虫ちゃんだったライザミネリが、13歳。
まだまだ実年齢と体力的にも若かった私ももうオバチャンになった(笑)。
私の人生の濃い部分にライザミネリ、いや5犬ががっつりいて、
犬達の犬生そのものに私がいっぱいいる。
それを「しあわせ」と言わず、何と言えようか。


あ、他の犬達も元気ですよ!元気に冬毛生やしています(笑)!
1501_02.jpg
左から、マレーネ、あわび、リタ、ダイアナ。
絶賛犬盛り中(笑)!


おまけ↓
1501_03.jpg
相変わらず、ファンヒーター前を警備してるライザミネリとマレーネ。




来月の人間ドック、今から気が重いし体重も重い(笑)。


【2015/01/23 10:35】 | ライザミネリ | page top↑
いきなりの師走感(笑)♪
あっという間にもう12月!師走やん!
やらなアカン事はいっぱいあるけども…無理はせん(←自分に甘々笑)。

そんなこんなで先月、5犬連れてちょっとお出かけ。
1412_01.jpg
紅葉を楽しみに行ってきました!どやさ!圧巻やわい!


1412_02.jpg
まさに『真っ赤なじゅうたん』♪


1412_04.jpg
マレーネ!キレイやねぇ!


1412_05.jpg
ダイアナもたまには食べもん以外の事考えてる(笑)!


1412_06.jpg
ちょっと移動して、次は『黄色いじゅうたん』!


1412_07.jpg
あわび!黄色が似合うねぇ!それにしても体が丸こいねぇ(笑)!


1412_08.jpg
リタの耳毛にカラッカラの紅葉ついてる(笑)!


1412_09.jpg
ある意味圧巻なライザミネリのシッポ。紅葉を絡め過ぎ(笑)!


こうして、些細な日常の中の刹那的な季節のうつろいを
5犬と過ごせて私はしあわせもんやわ。また来年も行こ!みんなで紅葉見に!
1412_03.jpg


すっかり月イチ更新もままならないまま、
ダラダラを続けております犬魂ブログですが、まだまだやめません(笑)。
来年もこんな感じで行こかな、と思う。分からんけどな。
我が家はいつでも楽しく、みんな笑ってる。
それが来年も続くように。そのためなら何もしんどい事はない。
無理もしないし、させない。
飼い主としても責任すら、心地良いもんやわ!

ではでは、皆さん、良いお年を☆



怒涛の暴飲暴食=年末年始(笑)。

【2014/12/16 15:19】 | 5犬 | page top↑
ライザミネリの苦手な冬到来♪
すっかり冬。冬ですわ。
身体が季節に追いついてないわ、まだ。
ただただ自転車通勤が寒くてかなわん、です★


我が家でイチバンの寒がり、ライザミネリ。
10月の終わりぐらいから、冬場にファンヒーターを置く場所を見つめては
「トゥートゥー…」と、鳴いていました(笑)。
そんな鳴きに屈するような飼い主ではない事は
ライザミネリも重々分かってるはずなのに!
いやね、ちゃんと寒さも体感せんと、冬毛が育たないでしょうが、
ダブルコートの犬達は!
この冬を乗り越えるべく、立派な冬毛を育てないとね♪


1411_02.jpg
休日の昼間は、だいたい外犬並みにベランダにいます、ライザミネリ(笑)。
日向ぼっこで光合成中です。
このイスに飛び乗るのも、足腰の事考えたら危険やけど
ライザミネリ自身の老化と持ち前のドン臭さで、なかなか乗れなくなってました。
そこで、更に小さい(低い)イスを横に設置すると、緩やかな階段のような感じになり
ライザミネリも自分で乗る事が再びできるようになりました。
あ、下りる時は完全私の手動(抱っこ)です(笑)。
いろいろ心配な面は犬達にあるけれど、
「自分でできる事」はやらせてあげないとね。危険じゃない限りは。
ほんの些細な達成感でも、犬達には必要だと私は思います。



1411_03.jpg
梨ごっこも達成感のひとつ(笑)。
こういう事を嫌がらずやらせてくれる我が犬達に感謝!


1411_01.jpg
ライザミネリ「もう寒い!ヒーター早ぅつけて!早ぅ!」
ファンヒーターをつけたら、つけたで真ん前をマレーネと共に陣取り、
温風をブロックしやがるんよな(笑)。


そんなこんなで冬が始まるよ(マキハラ風)。
外は寒くなるけど、いろんな意味で我が家は“あたたかい”。


私は冬支度(脂肪)を年中してますが。
【2014/11/14 10:17】 | ライザミネリ | page top↑
前ページ | ホーム | 次ページ
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。