スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
2015はとっくに始まっている♪
2015、とっくに始まっています。分かっています(笑)。
今年もしれーっと行きますから!
今年は、リタ+ダイアナが年女・未年ですからー(笑)!


で、本日1月23日は、ライザミネリの誕生日♪
13歳になりました!

1501_01.jpg
この画像では分かりにくいけど、口周り・目周りの毛は白くなったわ。
それでもまだまだ歯もしっかりあるし(ダイアナの方が1本抜けたという…笑)、
耳も聞こえてる。たまに気分で無視されるけど(え?)



ライザミネリという名前は、飼う前から決めていました。
映画好き(特に昔の)な母も気に入り、いつもお世話になってる獣医さんも
すぐに覚えてくれました。
一人と一匹、ほのぼの散歩したり、適切な躾をして余裕のある信頼関係を持って、
と、ぽやや~んと理想を描いていました。
ところが、初めて子犬から飼うライザミネリは違った。
(それまでは成犬から引き取ったりした飼い犬ばかりでした)
最初こそ、生後36日そこそこで我が家に来たので、
ずっと寝てて、たまに「ミーミー」鳴くイモ虫状態やったけど、
そんな期間もつかの間、すぐに怪獣、または悪魔に変わった(笑)。
いたずらの全てをやりつくす犬になった。
今となっては笑い話やけど、当時は深刻に悩んだもんです。
こんなに犬を育てるのは大変やったとは…と。
それでも蝶よ花よと育て、厳しくし過ぎたり感情に任せて怒ったりもしたけれど、
気が付けば、ちゃんと私の言う事は心得ている犬になってた。
あんなに酷かった甘噛みも、今ではどんだけ夢中になって遊んでても
決して、私の手に歯が当たる事はない。
あんなに夜鳴きしたり、吠えまくってたのに、
私が「止めなさい」と意志表示すると、すぐに黙る。
これは、私が偉かったわけでもなく、ライザミネリが特別賢いわけでもなく、
すごくありきたりな事。それは、飼い主と犬の信頼関係。
飼い主は穏やかでいる事、犬を心配するよりも安心を与えてあげる事。
ただそれだけの事。

あ、でも留守番中のいたずらについては今も対策とってますよ。
噛みそうなものは置かない、ただそれだけです。
もちろん、留守番中にそういう事をしないように躾ができれば一番やけど(汗)。

イモ虫ちゃんだったライザミネリが、13歳。
まだまだ実年齢と体力的にも若かった私ももうオバチャンになった(笑)。
私の人生の濃い部分にライザミネリ、いや5犬ががっつりいて、
犬達の犬生そのものに私がいっぱいいる。
それを「しあわせ」と言わず、何と言えようか。


あ、他の犬達も元気ですよ!元気に冬毛生やしています(笑)!
1501_02.jpg
左から、マレーネ、あわび、リタ、ダイアナ。
絶賛犬盛り中(笑)!


おまけ↓
1501_03.jpg
相変わらず、ファンヒーター前を警備してるライザミネリとマレーネ。




来月の人間ドック、今から気が重いし体重も重い(笑)。


スポンサーサイト
【2015/01/23 10:35】 | ライザミネリ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。