スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
ダイアナの犬ドック結果♪
月イチの更新しますよ(笑)。

先月8月2日、リタ+ダイアナ誕生日当日に
ダイアナに犬ドックを受診させました♪
ダイアナは2回目かな?せやな?(記憶力の曖昧さがハンパない!)

毎回恒例、飼い主が大好きなレントゲン画像↓
1409_01.jpg
おっとっと、何か映ってるがな!


1409_02.jpg
胆石!で、でかいー!


横画像も↓
1409_03.jpg
背骨の美しさと胆石のコラボ。


1409_04.jpg
でかいなー、おい!

5月に犬ドックを受診したあわびも胆石の疑いが出たんやけど、
ダイアナは、ここまでハッキリでかく映ってるので胆石で確定。

さて、治療についてなんやけども。
犬ドックを受けた病院とは別の病院でもセカンドオピニオン受けました。
獣医さんともいろいろ話し合ったし、私自身かなり考えました。
これだけハッキリとある程度の大きさもある胆石が写っているのにもかかわらず、
ダイアナは今のとこ、その症状は出ていない。
もし、もし、やで。今回犬ドックを受けていなかったら、気づかなかったやろう。
手術して取り除く手段もあるけども、昔からダイアナを診てくれている獣医さんも
私も「それは…うーん」な感じ。
かと言って、服薬すれば胆石が溶けるような魔法の薬はない。

犬達の小さな身体には限界がある。もちろん寿命もある。
何事も予防は大事やけど、その気持ちが大きくなり過ぎて
先走り的になってたんやないやろうか、私。
(※犬ドックを受けることは今も推奨してます)
“今、症状が出ていないのなら”特に何もする必要はないんちゃうか、と。
何も出来ることはないんじゃないか、と。
健康に元気で長生き!を望み過ぎるあまり、自ら
『病気やその原因を探しに行く』ような本末転倒になりかけてたかもしらん。
うむ、とりあえず、胆汁を溶かしやすくする薬を1ヵ月服薬させる事は決めた。
だけども、その薬の服薬を続けるかどうか。たぶんしない。
心配してないワケじゃない。
ただ、大きな胆石があるにもかかわらず、何にも症状が出てないダイアナを
私は普通に扱いたい。
『大きな胆石がある重病犬』という目で見たくはない。
大丈夫、何かちょっとでも症状らしきもんが出たら、病院にスッ飛んでくから。
その為に必要な観察力と冷静な判断力は持ってるから。飼い主として。


【左:ダイアナ、右:リタ】
1409_05.jpg
で、約1ヵ月遅れでリタ+ダイアナの誕生日祝い!
ササミでかたどる『11』、改めて11歳の誕生日オメデトウ!
ちょこんと座って賢く待ってる。
そう教えたのは飼い主。
ちゃんと覚えた犬達。
これからも胸張って、笑って、食べて、たっぷり寝て一緒に生きていこなー!


飼い主が見境なく貪欲に美味しいもん食べるシリーズ(笑)。
1409_a.jpg
大阪・鶴橋で美味しい冷麺とカルビピビンバ食べましてん♪
一緒に行った事情通(笑)によると、本場の味にかなり近い、いや、そのものだ!らしい。
ホンマ、美味しかった!


1409_b.jpg
なんで逆さま(笑)?東寺です。
秋の京都、法事で行きました。
観光客で賑わってたわー♪




食欲の夏から食欲の秋へ(笑)!
スポンサーサイト
【2014/09/19 10:10】 | リタ+ダイアナ | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。