スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 | スポンサー広告 | page top↑
リタ、避妊手術成功!
7月4日、我がリタは避妊手術をしました。
実は春ぐらいから考えてたんやけど、血液検査でビックリする程
肝臓の数値が高く、そっちの治療を地味~にしてました。


前は避妊手術の事は、そんなに考えてへんかった、ぶっちゃけ。
でも、ヒートが来た時のリタの興奮っぷり、ごっついんです。
リタやなくても、ライザミネリやダイアナがヒートになってても
ごっつ興奮しやるんです。
避妊手術済のマレーネやあわび嬢まで巻き込んで、ごっついんです。
見るからに、本犬もしんどそうなぐらいに。


理由はそれだけやないけど、今回肝臓が悪かった事も分かって、
やっぱり、というか必ず我が犬達には長生きしてほしいし、
その長生きの可能性が、高くなるんなら手術を受けさせよう、と。
何や巧く説明は出来ひんけど、私なりに真剣に考えました。


真剣に考えた私は、マレーネの手術の時と同様、手術に立ち会いました。
立ち会う事がエエ事かどうなんかは分からんけどね。
さすがの私も、息を飲むような光景もあるわけで。


それでも、手術が無事終わり、麻酔から醒めた途端にアホ程叫び出したリタを
すぐに抱きしめてやれてよかった。
我が家の犬達の中でも、ことさら病院が苦手なリタ、術後すぐは
麻酔がまだ残っているから、痛みも私の事も分かってへんかったかも
しらんけど、私はずっと言い続けました。
「大丈夫、私がおるから。早ぅ家帰ろな。」と。


家に帰ってからのリタは、考え込むようにボーッとしてた。
たぶん、自分が置かれている状況を受け入れようとしてたんかなぁ。
こういう時って、犬達分かってるねん。
みんな遠巻きにリタの事をうかがうだけでそっとしてるねん。
犬達の中の愛情も、ごっつ感じた。さすが我が5犬や!


リタのお気に入りの場所は私のイス。
今はまだ飛び乗る事が出来ひんから、下から眺めてるだけやけど
リタが再びイスに飛び乗る日はそんな遠くはないやろう。
大丈夫、リタは出来るコ、賢いコ。
私が決断して受けさせた手術やけど、それを乗り越えようとしてる
リタを、私はおおいに誇りに思うし、愛してやまない。


↓帰宅した時、叫び疲れてました(泣)。
DSCF2942.jpg



↓リタを見舞うダイアナ(笑)。

DSCF2953.jpg

スポンサーサイト
【2007/07/05 16:14】 | ペット | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。